ゲルマニウム温浴ガイド:トップページ > ゲルマニウム温浴基本情報 > ゲルマニウム温浴とは

ゲルマニウム温浴とは

ゲルマニウム温浴とは身体の約2/3もの末梢神経が集中している手と足を41~43℃のゲルマニウム溶液に浸し、身体を温めることによって、皮膚からゲルマニウムを浸透させ、体内に大量の酸素をつくり出すゲルマニウムの性質を効率よく生かした温浴法です。

短時間で大量の汗をかき、体内の余分な脂肪、老廃物や有害な毒素・汚染物質をその汗とともに体外へ運び出し、血液が浄化され新陳代謝が高まって体質改善へとつながり、自然治癒力を高めて体調を整え、さらに美容にも効果があるといわれています。

手足だけを温めるため、サウナや全身浴に比べ心臓への負担が軽く、約20分間の温浴でエアロビクスなど2時間分の有酸素運動効果をもたらします。